栃木県真岡市の税理士 元山良

相続のご相談

29.税務調査の対応方法

さて今回は、税務調査の日取りが決まってから、当日の対応の話をしていきます。税務調査当日にはいったい何を用意すればいいのか、どのような事前シュミレーションをすればいいのか、などについて詳しく見ていきましょう。 税務調査の場所と参加者 ...
相続のご相談

28.税務調査のタイミング

さて、一般の方が税務調査と聞いてイメージするのは、「ガサ入れ」や「マルサ」などの怖いイメージかもしれません。 しかし、刑事事件にまで発展しそうな大規模捜査以外では、そのような突然の家宅捜索などはありません。 税務調査の際には、...
相続のご相談

27.税務調査のターゲット

さて今回は、税務調査で狙われやすいポイントを解説していきます。 令和元年の国税庁による統計だと、相続税の税務調査の合計が10,635件、そのうち申告漏れが指摘された割合は8割超の9,072件となっています。 これが意味するとこ...
相続のご相談

26.税務署の情報収集能力

さて、相続税を申告する際に気になるのが、やはり税務調査です。 我々会計業界にいる人間からすると、税務署に対して不必要に怖いイメージなどはもっていないのですが、やはり事業を行っていない一般の方々は税務署との接点がないので、必要以上に税...
相続のご相談

25.贈与の非課税特例

さて、贈与は基本的には暦年で110万円が非課税となっていますが、実はこれ以外に、特例的に贈与税が非課税になる特例が3つあります。 それが、住宅取得等資金贈与、教育資金贈与、結婚・子育て資金の贈与の3つです。今回はこれらを解説していき...
相続のご相談

24.相続と認知症対策

さて、相続税の節税のためには生前に被相続人の財産を減らしておくことが必要ですが、もし推定被相続人が認知症を発症したらどうなるのでしょうか? 今回は推定被相続人が認知症を発症した場合に起こることや、その対策についてお話していきます。 ...
相続のご相談

23.贈与と節税

さて、相続税の節税ということを考えると、実は故人が亡くなってからではほとんど対策はありません。 そもそも相続税の計算方式が故人の残した財産の大きさに税率をかけるだけということを考えると、一番の節税は故人が生前のうちに財産を減らしてお...
相続のご相談

22.債務控除とは

さて今回は、債務控除について見ていきましょう。 債務控除とは、故人の財産から差し引くことのできる債務のことを言います。 その代表的なものは葬儀になります。 債務控除の具体例 債務控除の対象となるものには、以下のもの...
相続のご相談

21.養子縁組と節税

さて、養子縁組は民法で定められており、その人数に制限はありません。 しかし、相続税の計算でこれを認めてしまうと、法定相続人が際限なく増えることにより基礎控除を意図的に上げて節税することが可能です。 以前の日本ではそのような状況...
相続のご相談

20.土地建物と節税

さて、今回は現預金などの資産を不動産に変えることによる節税効果を見ていきましょう。 なぜ、現預金を不動産に変えると節税につながるのか? 今回はその理由を詳しく解説していきます。 不動産の評価減 現預金は手持ちの分が...
タイトルとURLをコピーしました